スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自立心

先日、保育園の懇談(みたいなもの)で、園長先生から、名指しはしていなかったものの
こんな子がいます、と「ひらがなとカタカナはしっかり読めるんだけど、生活習慣が「ゼロ」です。
お母さんはもう少しいろんなことをさせてください」と言われ、結構凹んでました。

(以下長いです)
確かに、言われかねても仕方ない状況ではあるんだけどさぁ・・・・・でも、「ゼロ」って酷くない?
(カタカナは読めないと思うし(笑))
うちの保育園自体も、他の園とは多分、かなり考え方違うせいもあるんだけどね。

で。
お盆期間で、帰省してきた友だちとか、親戚の先輩ママさんとか、いろんな人と話す機会があって
(園の生活とも離れてたし)、かなり復活して、いろいろ考えたんだけど。

生活習慣がゼロ、というより、のりくんの場合は「自立心がゼロ」かも知れない、と。

・・・・・・・今ごろ気づいたんかい!!って言われそうだけど(汗)

とにかく、(私が家にいるときは)私がそばにいないとダメで、ちょっと用事で彼のそばから
離れようものなら「ママどこいくの?なにするの?」、
酷いときは、0歳児の後追いのごとく、泣き叫んで呼ばれますし(苦笑)

何をするにも「ママして」。そして、家の中でも「抱っこして」。
自分でできることも、それなりに増えてはきてるんだけどね。

さすがに園ではそんなわけにはいかないだろうから、頑張っているとは思うんだけど。

結構、保健婦さんとか、心理士さんと相談する機会があるので、話を聞くと、
「ママ、ママ」っていう時期はそれを無理に引きはがさないほうがいいよ、
きっとその分保育園で頑張っているんだろうし、
そのほうがかえって自立への近道だから、って口をそろえて言われて、
私も同じ考えなので、そうしてきたんだけど・・・・・・
それが本当に自立してくれるのかどうか、最近、ちょっと心配になったりもします。

で、「頑張っている」はずの保育園で、そんな風に言われちゃったしね・・・・
おじいちゃん、おばあちゃんは、どっちかっていうと「そんなに甘やかしてどうするの!」派
なので、衝突することもしばしばだし。
(っていうか、ホントに甘えぶりはひどいんだけどさ)

長々と書いてしまったけど、どうしていいものか・・・って感じです。


後日記 : いろんな人と話ができたおかげか、少し、自分自身がのりくんにたいして
余裕を持って接することができるようになった気がします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

かーべ@のりの母

Author:かーべ@のりの母
 
のりくん
H.16.10 生まれ。 男。
もうすぐ4年生。
 

いくつになったの

*script by KT*

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
更新お知らせ

このページの更新をメールでお知らせ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。